リドカインの塗るだけで改善の真相!早漏の克服の裏ワザ

早漏の定義と治療薬

【男性の生理病】
「イクのが早過ぎて困る…」と感じている男性は"早漏"の可能性があります。
その名の通り、早くイッてしまう病気になります。
2008年まではしっかりとした病気の定義がなかったので、個人がインターネットなどで情報を集め誤った情報をもとに思い込みで発症してしまう人もいました。
現在では定義が固まったので自己判断も行いやすくなっている病気の1つです。
定義には3つあります。
1、挿入していてもいなくても、"1分以内"で射精してしまう
2、射精感をコントロールできない
3、彼女や奥さんを満足させることができない事に自信を失ったり、苦痛と感じてしまう
これらのどれか1つでも該当しているのであれば、あなたは早漏ということになります。

【どんなことが原因になるのか】
・からだ
・こころ
大きく分けるとこの2つのどちらかが原因になります。
からだが原因となる場合には、代表的なものが「包茎」になります。
勃起時以外に亀頭が露出することがないので、刺激に弱い状態となっています。
なので、SEXの時に刺激を受けると驚く短い時間でイッてしまうことがあります。
全ての人に当てはまる訳ではありませんが、かなり多いと考えられています。
こころは本当に人それぞれです。
過去のこころの傷が原因になったり、現実的に感じていることが原因にもなります。
精神的な負担に心当たりがあるのであれば、それが原因の1つである可能性が高いです。

【治療薬の紹介】
◎刺激に弱いならリドカイン
敏感なペニスの感覚を鈍くしてくれる優れものです。
リドカインは怪しい薬ではなく、病院などでも使用される「局所麻酔」の外用薬になります。
SEX前に適量をサッとひと塗りするだけで、簡単にペニスの感覚を鈍くしてくれます。
なので、リドカインはペニスが敏感な人にオススメの薬になります。
◎異常な興奮から起こる早漏にはダポキセチン
この「ダポキセチン」は成分名になります。
これは"プリリジー"という飲み薬の成分になります。
興奮を抑えてくれる作用があり、脳内の「セラトニン」の再吸収を抑えることで、興奮が鎮静します。
そうなることで射精感を一定時間まで減退させ、持続時間を延長してくれます。
ちなみに今の射精時間の約4倍にまで高めることが出来るのでオススメです。
ただし、このダポキセチンは非常に高価な成分になるので、1錠H3000円ほどします…。